土日アルバイトで収入アップ

副業と所得について

普段の日は会社に勤務している人でも、土日は独自にアルバイトをしているという方も多いことでしょう。

 

一般的に会社員は税金が課せられますが、土・日のアルバイトにも税金が必要となってくるのでしょうか。

 

普段は会社に勤めている人が副業を持つときは、雑所得ということになります。

 

雑所得からさらに経費を引いた数値が20万円を超える際には、会社員であっても確定申告をしなければなりません。

 

副業で得た所得にも住民税や所得税はかかり増えてしまうので、気をつける必要があります。

 

20万円を基準としてそれ以下ならば、特別な処理を行わなくても問題ありません。

 

確定申告が面倒だという方は、所得が20万を超えないようにアルバイトをするようにしましょう。

 

(ただし源泉徴収されていない場合は確定申告が必要です)20万円という基準に満たないケースでも経費や控除額の程度によって払いすぎた税金を還付金という形で受け取れるという措置がとられています。

 

務めている企業によっては土日のアルバイトをNGとしている場合もあります。

 

心身を休めるための休日にアルバイトをすることで、会社の業務に支障をきたさないためと言われています。

 

アルバイトの収入につて確定申告を行うことで、勤め先にアルバイトがわかってしまうので気をつける必要があります。

 

いずれにしても、副業として働く場合には良い面と悪い面が存在することをあらかじめ熟知した上でスタートしましょう。

 

 


副業と所得について関連ページ